ホーム

テクノマックス南日本ってどういう会社?

株式会社

テクノマックス南日本 概要

「日本の農業維新に取り組む」
 近年、我が国の農業は化学肥料・農業化学の飛躍的な進歩により支えられてきました。しかし、それは同時に農薬そのものによる毒性、化学肥料(硝酸態チッソ系やリン酸系肥料等)の過剰使用による土壌の疲弊や、人体・環境への直接、間接的な悪影響が及ぼす結果となっています。
 さらに現場である農場でも以前に比べ、生産物に対しさまざまな病気が多発するようになってきました。
 我々は、このような状況が続くようでは近々、日本の農業生産は衰退するのではないか?また、それと同時に生産者そのものも減少するのでは?と憂いを感じ、それならば、とまずは新しい観点から新しい農法を開発しました。それによって安心安全な作物を多量に生産し、生産者の健康と収入アップを目指すべく、日々努力していこうと考えております。

株式会社テクノマックス南日本会長兼・農業維新の会会長
 

遠矢博明

1950年鹿児島県鹿児島市生まれ。建設業界に属し、主に堆肥センターの企画設計、及び発酵技術の開発に取組む。以前から日本の農業の将来性に疑問を感じ、関心のあった土壌微生物の生態を利用出来ないか、と様々な模索を続ける。平成26年土壌微生物をリセットし改良する「土壌改良法」の特許を取得。さらに平成28年、農研機構(国立研究

開発法人農業・食品産業技術総合研究機構)と「高濃度腐植酸含有肥料の製造法」について共同特許を出願した。農法を指導、バックアップする「農業維新の会」の会長を務める。

取扱業務・商品:
  • 腐植酸肥料の生産工場の企画設計
  • 生菌・腐植酸肥料の販売、及び使用指導
  • ハセッパー(次亜塩素酸HOCℓ)水の販売及び生成装置の販売、メンテナンス業務
  • 野菜の集荷、購入、販売
  • 食品の加工、販売
  • 土壌診断及び農作物の栽培指導
  • 農業維新の会の管理・運営
  • T.Y式リセット農法による生産の普及
  • 新しい農法、およびそれらに関連する資材・機器の研究・開発
会社情報
  • 株式会社テクノマックス南日本

  • 会長 遠矢 博明

  • 代表取締役 笹川 福一郎

  • 設立 平成21年9月28日

  • 資本金 1000万円

取引企業様
  • 株式会社テクノマックス

  • 株式会社九州アグリ

  • ㈲堀口製茶(お茶の和香園)

  • JAそお鹿児島

  • 株式会社エーワン

  • グリーンプラザ川崎k

  • 株式会社タイヨー

テクノマックス南日本を設立。初代社長に遠矢啓亮氏就任

 

土壌微生物の生態を考えた「T・Yリセット農法」(土壌改良法)を開発し、特許を申請


「T・Yリセット農法」(土壌改良法)の普及組織「農業維新の会」を設立

笹川福一郎氏 社長に就任


(独)農研機構 九州沖縄農業研究センターと研究協定を締結(「でん粉粕と鶏糞による連続発酵肥料化の研究」)

「T・Yリセット農法」(土壌改良法)の特許取得(特許第5582166号)


(独)九州沖縄農業研究センターと共同研究契約締結(高濃度腐植酸肥料の共同特許出願に向けて)

 


農林水産省の国家プロジェクト「収益力向上のための研究開発」に対する国立研究開発法人

農業食品産業技術総合研究機構(旧独立行政法人農研機構)の提案研究「生産コストの削減に向けた

有機質資材の活用技術の開発」の研究メンバーに参加

 


鹿児島大学農学部と「T・Yリセット農法」の実証研究の協議開始

農林水産省の農業食品産業技術総合研究機構(旧独立行政法人農研機構)と共同特許出願(高腐植酸含有率の完熟肥料を製造する方法)

鹿児島市の支援を受けて鹿児島大学と「T・Yゴールド生姜の県特産品化事業」の共同研究開始

経歴
2009年9月

 

2012年3月

 


2013年9月

 


2014年6月

           7月


 

 

2015年2月

 


           4月


 

2016年5月

 

2016年8月

2016年12月

© 2023 by Success Consulting. Proudly created with Wix.com.