ホーム

次亜塩素酸水「ハセッパー水」

ハセッパー水とは?

 あらゆる除菌方法の中で人体そのものが行っている細菌撃退方法以上に万能でかつ安全な除菌方法はありません。

  人体の除菌システムは、健康を害するなどして人体の機能自体を損なわない限り、どんな菌に対しても即座にこれを撃退します。しかも人体そのものを害することはありません。
 

  その人体の除菌システムの主役は、好中球です。

 人間の体内に病原菌等の異物が侵入すると、右図の示すように好中球がその異物を取り囲み、病原菌等の食胞に向かって殺菌性のペプチドや加水分解酵素を放出します。さらに酵素代謝を活発にして活性酸素を作り出し、過酸化水素水を経て、次亜塩素HOClをつくり、この物質が菌を攻撃し死滅させます。

 好中球が生成するこの次亜塩素酸を大量に含む除菌水を科学的に合成し、安定的に生成できるシステムがハセッパーシステムです。その装置から作られる除菌水をハセッパー水と呼びます。

 その安全性は(財)食品農医薬品安全評価センターによる実験の結果、左の表に示すよう危険性の全く無い、安全な水溶液として認められた物となっています。

 そして抗菌作用について試験したところ、他の水溶液とも比べて作用する種類が多くとても優れたものであるという評価試験の結果を得ることが出来ました。

 また、具体的に殺菌効果を同じ殺菌剤である塩化ベンザルコルニウム、次亜塩素酸ソーダと比較したところ、いずれもハセッパー水の結果が他に比べて効果の高い数値を得ることが出来ました。

 これらの結果によりハセッパー水は平成16年、厚生労働省により食品添加物としての認定を受ける事が出来ました。

安心・安全な次世代殺菌水へ。

それこそが、

   次亜塩素酸水「ハセッパー水」

なのです。

もっと見る
もっと見る

 続いて鹿児島県指宿市の名門ホテル指宿白水館です。ここでは従業員出入り口、そして客室への脱臭・及び除菌目的として使用されています。

 最後に実際にハセッパー水を使用している現場を紹介しましょう。

 まずは鹿児島県の海産物の加工工場です。外の生成装置から工場内部へと噴霧を循環させ、安心安全な除菌を行っています。
 

もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る

 最後に鹿児島県内の堆肥工場の脱臭装置です。工場に生成装置を設置し、パイプを伝わって工場全体に噴霧し、堆肥の臭いを脱臭しています。

 以上のように、優れた脱臭効果、除菌効果を誇りながら、人や動物に対しては安心・安全である維新水は、生活する上でありとあらゆる場所での活躍を期待されている次世代の殺菌水であると言えるでしょう。

 鹿児島市内のペットショップです。各所に加湿器を設置し、動物のイヤな臭いを脱臭しています。

もっと見る
もっと見る

© 2023 by Success Consulting. Proudly created with Wix.com.