T・Yリセット農法

T・Yリセット農法

土壌中の微生物について

 土壌中の最適な菌のバランスとは、糸状菌が70%程度と言われており、糸状菌がこれ以上の割合を占めると病気が発生する可能性が高まってきます。

 T・Yリセット農法とは、土壌中の微生物群集の比率を改善し、農作物を生育するのに健全な土壌へと蘇らせる農法です。特に連作障害や土壌中菌から発生する病疫に対して、大変効果のある方法として複数の臨床実験によって証明されている農法なのです。

作物の連作障害の原因について

 農作する畑の土壌(全体)に存在する微生物の割合において、細菌類の種類が増えれば増えるほど。連作障害を含む各種病気の発生率が下がることが近年、証明されてきています。

 土壌中、10g中には数千億から1兆近い菌が存在すると言われていますが、重量比でその元となるのが病原菌の大部分(約70~75%)を占めている糸状菌(カビ)です。つまり

  1. 大多数を占める糸状菌を減少させ

  2. それ以外の細菌や放線菌などの種類を増やし

 

土壌中の微小動物を含む微生物群をバランス良く存在させる事が、作物の生育に適した

豊かな土壌づくりであると言えるのです。

T・Yリセット農法の方法

①土壌に土壌改良剤である次亜塩素酸「維新水」を弊社開発の灌注装置を使って、土壌中に注入灌注

​​ 土壌内の汚染した微生物群集の一部を破壊します。

 その結果、土壌微生物が全体的に活動がおとなしくなります。

 次亜塩素酸で微生物群集の活動を弱めた土壌に対し、「黒い瞳」を混ぜ込む事によって、土壌の中の微生物群集を健全な菌叢へと改善させます。

 「黒い瞳」の腐植酸効果により、微生物群集の中で、ストレプトマイセス属のような病原菌に対する拮抗作用を持つ菌が増殖することにより、土壌中の病原菌の活動を抑え、より良い作物が収穫出来るようになるのです。

 

 つまりT・Yリセット農法を施工することによって、土壌は健康を取り戻し、恵み豊かな畑へと生まれ変わるのです。

 また、土壌が病原微生物で侵されている場合に限らず、現状健康な状態の土壌の場合であっても一定の効果が望めます。それは、健常な土壌であっても微生物群集の多様性が増すことにより、現状よりもより肥沃な土壌へと改良する事が可能となるからです。

 

 つまり、健康な通常状態の土壌の整備や強化は勿論、連作障害や土壌中菌から発生する疫病に対しても非常に効果のある農法なのです。

 そして土壌を改良する事によって土壌内が健常な状態となり、それにより作物の根がしっかり健康に育ち、結果丈夫で優良な作物を育てる事が出来るのです。

 

 「黒い瞳」による生姜の根茎腐敗病菌への効果を鹿児島大学農学部と共同研究したところ含有する腐植酸による病疫抑制効果は

 

  • 土壌中のストレプトマイセス属細菌の構成比率増加

  • 土壌中のストレプトマイセス属細菌の活性化

  • 土壌中の微生物多様性の向上

 

があり、「黒い瞳」の病害対策効果は根茎腐敗病菌への抗菌活性を示すストレプトマイセス属細菌が活性化したことで本来の土壌微生物環境を保ちつつ、病害発生が抑制されることが分かりました。

 

 それは、すなわち

  • 農薬の使用を抑えることが出来る(経費を抑えられる)

  • 作物の発育が良く栄養価が高い(価値が上がる)

  • 収穫量が多い(収入が上がる))

 等のような、とても優良な有機作物を作る事につながることなのです。

​​

 それを実現する農法こそ、

 T・Yリセット農法

 なのです。

健康な土壌は有効な成分と正常な菌の分布から
ハウスの土壌消毒+黒い瞳

具体例をご紹介します。このハウス栽培の土壌は幾度の栽培を経て不健康な状態にありました。

▼施工前

 そこで、T・Yリセット農法を施工したところ、土壌は健康な状態へと変化し、豊かな実りを得ることは出来るようになりました。

▼施工後

 T・Yリセット農法によって健康を取り戻したのです。土壌の健康を保つことによって、素晴らしい収穫を得ることが出来るようになる事でしょう。

特許

 最後に、我が社のT・Yリセット農法は、平成26年7月26日に「土壌改良方法」として「特許第582156号」を特許取得しております。

 ですので、もしT・Yリセット農法の詳細などお知りになりたい方は、ぜひ我が社までお問い合わせ下さい。

 

 革命的な農法T・Yリセット農法を実践する事で、農業の、農家さんの未来を切り開きたいと思います。

 

 よろしくお願いします。

© 2023 by Success Consulting. Proudly created with Wix.com.

ホームへ戻る

ページ上へ戻る

詳細を入力してください